整体日の予定
大阪:月~土の10時~21時

整体を受けたい方は前日21時までにメールでご予約ください。

たけしま整体について|予約方法|交通アクセス|Q&Aなど≫


9/20(水)19時から千里中央にて
整体入門セミナー行います。
くわしくはこちら≫

おもしろい本を見つけました。(心理学・メンタルヘルス)

今日車の点検と修理でディーラーに行ってた時に、
そこの本棚に「名言セラピー」という本が置いてありました。
なにげに取って読んでいると、これがおもしろい!

読んでて、んっ!?もしかして??と思ったのが、
著者の「ひすいこたろう」さんも、日本メンタルヘルス協会の生徒さんで、
衛藤先生の大ファンらしいです。

僕も数年前に日本メンタルヘルス協会心理学コースを受けてたのですが、
(無事修了できました。)その時から衛藤先生の大ファンで、
この本を読んでて「なんか聞いたことあるな・・・」と思うところがあって、
著者のプロフィール見たら書いてありました。(^^)

衛藤先生のみならず、松下幸之助、マザー・テレサなどの言葉から名言を選んで紹介していて、文字数少なく、いろんな名言が1ページから2~3ページで完結する読みやすい本です。僕も思わずメモして、帰ってからアマゾンで注文しました。

みなさんにもオススメの1冊です。

各種心理テストの講座を受けてきた。

心理テストといってもいろいろなものがあるが、各種心理テストの紹介から、その特徴や長所や短所などの講義を受けてきた。

後半はYG性格検査と描画法によるテストを受けた。

心理テストの役割

人間はなにかしら色メガネをかけて人や物事を見ている。
ある大学で有名な精神分析の博士3人に約50人の患者をそれぞれ診断してもらう、というテストをしたところ、同じ診断を下された患者は全体の約20%だった。

1人が違う診断、もしくは3人がそれぞれ違う診断を下した患者は約80%。
それだけなにかしら各自の主観が入っていたということになる。

こういった「ブレ」をなくすため、客観性と主観性を確立するために各種の心理テストが今でも開発されている。


心理テストの長短

心理テストはまず「質問」があり、受ける人が答える「答え方」で大まかにわけられる。

「質問」は言葉による質問と写真や抽象画などを見せるもの、その2通りをミックスしたものなどがあるが、「答え方」は選択肢による答え方と自由作文的な答え方と2通りある。

選択肢による「答え方」は統計をとるのは楽だが、答えが容易に改ざんできるという欠点がある。逆に質問の答えとして文章を書く、絵を描くというものは、答えの改ざんはほとんどないが、統計をとったり判断を下すのには手間がかかる。

こういった具合に心理テストには長短があるので、いろいろなテストを組み合わせて行っていくことが重要。また1つの心理テストでは、その人の1つの面しか見えていない。1つのテストだけで判断を下すのは危険である。


2つの心理テスト体験

後半はYG性格検査をうけた。僕自身は初めて受けた。

120問の質問に、はい、いいえ、どちらでもないの3択で答えていく。
問題は講師が一定の速度で読み上げていく、ゆっくり考えてるひまはないのである。
これを強制速度法と言うらしい。答えを改ざんするひまを与えないのである。

もうひとつテストらしくないテストも受けた。
画用紙に「木」と「家族」の絵を描く、というものだ。

YG性格検査は各自で採点、グラフにする。
その後、グループでディスカッション。

隣に座っていた20代の男性はYG性格検査では、僕とまったく逆のグラフができていた。「木」と「家族」の絵を描くのも、みんないろんな「木」があり「家族」があるもんだなと感心した。

それらがひととおり終わると、最後に不登校の中学生、万引き癖のある学生、会社で不当な扱いを受けて悩んでいた人、離婚した直後の女性、母子家庭の子供などの書いた「木」や「家族」の絵を見せてもらった。

真っ赤な「木」があったり、自分や誰かがいない「家族」の絵があったり、胸が痛くなるような絵もあった。そういう人が1人でも少なくなればいいなと思った。

心理テスト。また機会があれば他のいろんなテストも勉強してみたいと思う。

トランスパーソナル心理学の講座を受けてきた。

トランスパーソナルとはトランス=超越する、パーソナル=個人が示すように、個である自分を超えた全生命領域をテーマとする心理学だ。

昔は「超心理学」などと呼ばれていた。
現在、第4勢力の心理学として注目されている。

第1勢力は古典心理学とも言われ、フロイトユングに代表されるような深層心理学をさす。
人間の心を意識、無意識に分け、意識の部分は氷山の一角で無意識の部分が大部分をしめるという考えだ。

第2勢力は行動心理学と言われ、大学などでは基礎に教えられるものだ。
人間の心に刺激を与え、そこからどんな行動をとるのかを分析する。

第3勢力は人間性心理学で、ヒューマニスティック・サイコロジーなどとも言われ、人間性を高めていくのがテーマになっている。


アブラハム・マズロー博士の欲求段階説などがよく知られている。
人間の欲求には段階があり、
(1)生理的欲求。これが満たされると、
(2)安全欲求。→(3)所属欲求→(4)承認欲求→(5)自己実現と進んでゆく。

しかし自己実現を超える自己超越体験(神がかり的なひらめきや至高体験)をする人が少なからずいる。


これは第3勢力の心理学でも説明できないので、第4勢力の心理学として注目・研究されている。

有名な「百匹目の猿」の話はみなさんご存知だろうか?

砂のついた芋を洗ってから食べることを思いついた猿がいた。
そして、それをマネする2匹目の猿がでてきた。
そうして3匹目の猿がマネするころには遠く離れた地域に住む
日本全国の猿がほぼ同時期に芋を洗ってから食べていた。

という話だ。

猿同士のウワサ話はそんなに早く伝わるのだろうか?
でも日本全国同時期というのはおかしい。
実は心の奥ではつながっているのではないか?という説だ。

ジェームズ・ラブロック博士の「ガイア理論」なども有名だ。

恋人同士は赤い糸でつながっている。なんて話もよく聞くし。
摩訶不思議な、それでいてロマンチックな話もあった楽しい講座だった。

プロフィール

武島 栄進

名前:武島 栄進
薬や病院・医者に頼らない。自律神経を整え、体を整える「整体」
野口整体、二宮整体の研究記録をわかりやすくつづっていきます。

二宮整体アカデミー
認定:整体師

二宮整体アカデミー事務局員
(HP運営・メール受付担当)

日本メンタルヘルス協会
基礎心理カウンセラー

整体を受けたい方はこちら≫

メールマガジン

整体日の案内や、ブログの内容がメールで届きます。

おすすめ図書

症状・病名別 タグ

風邪の効用 整体入門 冷え 風邪 腰痛 食べすぎ 回想の野口晴哉 体癖 頭痛 ガン 足湯 眠り ダイエット 花粉症 生理痛 心理学 認知症 がん 頻尿 睡眠 体運動の構造 体がだるい 高血圧 扁桃炎 肝硬変 イライラ 骨盤 膀胱炎 アルツハイマー だるさ 右の骨盤 五月病 インフルエンザ 愉気 野口整体 不眠 PM2.5 二宮整体アカデミー パニック障害 ぜんそく 扁桃腺 ぎっくり腰 合掌行気法 夏バテ 足首 水泳 脳血管障害 整体体操 肩こり 心臓病 水分の摂り方 肝炎 ガイア理論 整体 脚湯 ノロウィルス ジェームズ・ラブロック ユング 野口晴哉 トランスパーソナル アブラハム・マズロー フロイト 心理テスト 糖尿病 BillsFood 突発性難聴 中耳炎 夏風邪  胸椎9番 食事 カロリー ビタミン 肝がん 基礎代謝 動悸 うつ リュウマチ 気分障害 適応障害 繊維筋痛症 潰瘍性大腸炎 クローン病 炭酸泉 炭酸水 打撲 肝臓ガン 5月病 扁桃 気管支炎 ヘルニア 身体教育研究所 脊柱管狭窄症 頚椎症 抗がん剤 活元会 整体協会 パーキンソン病 鼻炎 リューマチ 膠原病 自己免疫疾患 心臓 食欲 地球交響曲 倦怠感 ガイアシンフォニー いびき C型肝炎 めまい 息切れ 泌尿器 白血病 更年期障害 生理不順 膝痛 飲みすぎ体操 ストレス  衛藤信之 だるい 蒸し暑さ 坐骨神経 日本メンタルヘルス協会 メンタルヘルス 空腹の快感 食べ過ぎ 直腸ガン お酒 自律神経失調症 骨肉腫 

月別アーカイブ

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ